バイアグラは通販で購入できるED治療薬です。バイアグラのお得な購入方法や効果や副作用について解説します。

バイアグラ通販ガイド

バイアグラとは

バイアグラとは

言葉として聞いたことはあるかもしれませんが具体的に考えると分からない、ということがあるかもしれません。簡単に言えば世界的製薬企業であるファイザーが1998年に開発、販売した「世界で一番最初に発売されたED治療薬」です。

発売開始までEDに対する治療薬が存在しなかった訳ですから、この発売開始はED(男性器不全)に悩む男性たちに世界中で話題になり大きな社会現象になり、売り上げは発売開始より90日で300億円にもなりました。また、それに伴って偽薬な粗悪品なども流通し、大きな問題にもなりました。

発売開始後、世界50カ国で認可され、ED治療薬として世界中で愛用されています。日本国内ではアメリカでの販売開始後の1999年に現在の厚生労働省より認可され、同年に発売が開始されました。国内で入手するためには泌尿器科、内科などで医師から処方され入手することがメインとなっていましたが、こちらは保険適応外となり金額も高い為、個人輸入で海外から入手する方法が注目されています。

EDとは

EDはErectile Dysfunctionの略で「男性器の勃起機能の低下」を意味します。日本では「インポテンツ」の呼び方が有名かもしれません。性交を試みた際に挿入に十分な勃起状態を得られない為、性交を満足に行うことができない状態、という定義がありますが、日常的には性交の他、自慰行為の際にも勃起状態を保てないことにもEDという言葉を使います。

原因として一番有名なものとしてうつ・緊張などの心因的なものがあり、精神的な問題が全てだと思われがちですが、そんなことはなく、日常の生活習慣や持病、服用している薬などによっても大きく左右されます。

男性機能不全で悩んでいる場合は、自分がどのような原因でそうなっているのかをきちんと把握し、原因を解消させ改善に繋げることが重要となります。

EDの詳細はこちら

バイアグラの購入方法

バイアグラを手に入れる方法として、大きく2つのものがあります。「病院で医師の処方の元、入手する方法」と「個人輸入を行い海外から送ってもらって入手する方法」です。

病院で入手しようとした場合、日本ではED治療は保険適応外となる為、各クリニックによって値段に大きな変動があります。バイアグラの値段のみかかる場合、通院する度に診察代がかかる場合もありますので事前の下調べが重要となります。また、現在ではクリニックによってはバイアグラのジェネリック商品などを処方するところもあり、自分の意志で先発医薬品、ジェネリック商品を選択できるところもあるようです。クリニックの場合、入念に調べることが難しい場合もあるので、たまたま目に入った高額な医院、クリニックにいくと、診察が高額になってしまう可能性もあります。

病院で処方の場合の価格相場

バイアグラ25mg(シルデナフィル25mg配合)1錠(1,000円~1,300円程度)+診察料1万円程
4錠で13000円程

バイアグラ50mg(シルデナフィル50mg配合)1錠(1,300円~2,000円程度)+診察料1万円程
4錠で16000円程

もう一つの大きな方法として、個人輸入で海外から送ってもらって入手する方法があります。日本の薬事法でも認められている方法であり、近年大きな注目を集めています。「自分で輸入する」というと何だか難しそうな気がしますが、個人輸入を代行して手続きしてくれる業者があります。自分ひとりで行おうとすると海外の業者と日本語以外でやり取りしなければならなかったり、ちゃんと信頼できる業者を見つけることも大変でかなりの労力が必要となりますが、ちゃんとした業者を選ぶことで一般的な通販で品物を取り寄せることと同じような感覚で輸入を行うことができます。また、海外輸入の場合、医師の処方箋が不要となりますので中間コストを省くことができ、医薬品の値段自体も低くなっていることがほとんどです。出来る限りコストを抑えたい、誰にも知られずにこっそり購入したい、といった方に人気がある方法となります。

個人輸入の場合の価格

バイアグラ50mg(シルデナフィル50mg配合)4錠=5,400円+送料(1000円程度)
4錠で6400円程

バイアグラ100mg(シルデナフィル100mg配合)4錠=5,800円+送料(1000円程度)
4錠で6800円程

日本で流通しているバイアグラの有効成分(シルデナフィル)の配合量の最大値は50mgとなりますが、海外流通のものを輸入する場合、最大値は100mgとなります。しかしながら配合量は多ければいいというものではありません。使用者の体質、体調にも大きく効果は左右されますので注意しましょう。病院処方と個人輸入。2つの方法それぞれに特徴がありますので、値段が張っても安心して服用したい、コストをできるだけ抑えたい、など、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

バイアグラを通販で購入する

バイアグラは個人輸入代行業者を通して購入することで、世間一般の通信販売と同じような感覚で購入することができます。

病院で医師の診断の元で処方してもらう方法に比べ、処方代や診察代、輸送のコストなどを省くことができますので、非常に格安で入手することができます。しかしながら、海外製品には粗悪品、偽物の流通もありますので怪しい業者からではなく、ちゃんとした製薬会社、卸業者から輸入を行うことが大切です。何よりも個人輸入したバイアグラによる健康被害などが発生した場合、全て「自己責任」となります。正規品を取り扱っていて、商品管理をしっかりと行っている業者から取り寄せるようにしましょう。

輸入の手段として、自分の力だけで海外の業者に発注することも不可能ではありませんが、日本語以外の言葉を使い発注することも難しいと思いますし、何よりちゃんと希望の商品の、正規品を希望の場所へ送ってくれて、しっかりと税関手続きを行ってくれるなど信頼できる業者を自分自身の力だけで見つけることも難しいと思います。しかし、信頼できる個人輸入代行業者を利用することで日本語サポート、日本語のWEBページでしっかりと確認しながら通常の通販と同じ使用感で手元に取り寄せることができます。また、しっかりとした個人輸入業者は独自に輸入のルートを持っていますのでしっかりとした製造元から配送、通関手続きまで代理で手続きをしてくれますので、代行業者を使えば所定の購入手続きをして代金を支払えば、あとは待っているだけで手元に商品を届けてもらうことができます。

しかし厳密に言えば通常の通販と違うところもあります(クーリングオフが適用できない等)ので、注意が必要な部分もあります。その点をしっかり把握して使うことでとても便利にお買い物をすることができます。

  • ネットなどで自分の欲しい医薬品の「品名」を調べ、把握する(バイアグラなら「バイアグラ」が品名になります)
  • 個人輸入代行サイト内検索窓で品名(バイアグラ)を検索

    ※正しい品名を間違えないように入れないと該当が出てこないことがあります。

  • 検索した商品(バイアグラ)の有効成分(シルデナフィル)のミリ数、錠数を指定
  • 買い物かごにいれる
  • 名前、送り先などの情報を入力し、注文を確定

    ※「個人輸入」の為、個人の名前でなければ利用することができません。また、偽名などを使うと受け取りそのものができなくなりますので注意しましょう。また、送り先に関しても間違えると受け取る前に海外へ返送されてしまいます。気を付けましょう。

  • 注文を確定後に登録した情報が間違っていないか確認してから、振り込みやクレジットなどで支払い
  • 追跡番号を受け取る

    ※追跡番号から随時配送状況を確認できるようになります

  • 商品受け取り

このように簡単な手順で希望の商品を手元に届けてもらうことができます。

ただし、海外で流通しているものの中には粗悪品などがあることも事実。ネットの口コミなどで調べ、しっかりとした業者を選びことが大切です。個人輸入自体は薬事法で認められた法律に則ったものです。個人輸入がどのようなものか把握した上であればとてもお得なお買い物ができますので是非参考にしてみてください。

バイアグラを病院で処方してもらう方法

病院でバイアグラを処方してもらう方法として、まずどの科に相談にいけばいいのか?と思うかもしれません。そのような場合、全国各地にあるED治療専門のクリニック、または泌尿器科などで診察を受けましょう。それ以外であればかかりつけの内科などに相談してみましょう。

専門的なクリニックでなくとも科を問わず処方してもらうこともできます。しかし、やはり専門的な知識はED治療専門のクリニックが圧倒的です。ネットで検索すれば全国にクリニックがありますので、近くに専門医院があれば、そちらで受診したほうが無難と言えるでしょう。しかし、近所過ぎた場合、知り合いに目撃されることが恥ずかしいと思う事もあるかもしれません。自分が行きやすく、そして都合のよい場所で探しましょう。

またED治療専門クリニックにかかる長所として、クリニック側もED外来を専門としている場合はEDに悩む男性たちの気持ちに沿ったサービスの作りこみをしている場合が多く、病院によっては男性スタッフのみが勤務しているところや、口頭以外での受付ができるところもあります。また、問診も口頭ではなくメールで行うクリニックなども出てき始めており、クリニックによっても個性がありますので、そちらも事前に調べた上で自分の性格に合ったクリニックを探してみましょう。

通販で購入のメリットとデメリット

海外からの個人輸入を利用したネット通販は薬事法でも認められた医薬品の入手方法であり、とても便利かつ診察、処方箋が不要となりますのでコストを抑えて希望の商品を取り寄せることができます。しかしながら、あくまで「輸入」となりますので一般的な通販とは異なる箇所もあり、注意点などもあります。安全にお買い物するためにも事前にしっかりとメリットデメリットを見極めて利用することが大切となります。

海外個人輸入通販のメリット

  • 誰にも会わずに医薬品を取り寄せることができる

    医師の診断、処方箋が不要ですので誰にも会うことなく、インターネットから簡単に申し込むことができます。外出することなく発注が可能ですのでクリニック通う場合の知り合いに目撃されたりすることなくプライバシーを守りながら手元にバイアグラを取り寄せることができます。

  • コストが圧倒的に安い

    処方箋が不要であり、医師の診察料も不要な為、診察代、処方代をコストカットすることができます。また、海外流通のものを取り寄せますので価格も国内のものよりとても安いことがほとんどです。バイアグラの場合、クリニックで処方される場合4錠で2万円程度かかることもありますが、輸入通販で購入した場合は送料を含め6000円~7000円程度と、三分の一~四分の一程度の値段で購入することが可能です。

  • 簡単に発注できる

    個人輸入代行業者のサイトを使用することで一般的な通販と同じような使用感で購入することができます。個人輸入を完全に一人でやろうとすれば言葉の壁や自分で業者を探したり、通関に関する知識が必要だったりとハードルが高いですが、業者を利用することで一般の通販と同じように日本語で、希望の商品をカートに入れ、配送先などの情報を入力し、料金を支払うだけで業者とのやり取りや通関など面倒なことは全て任せて、後は待っているだけで手元に取り寄せることができます。

海外個人輸入通販のデメリット

  • 健康被害は全て自己責任となる

    個人輸入で医薬品(バイアグラ)を購入することは薬事法に則ったもので、当然合法になります。しかしながら医師の処方を受けたわけではありませんので当然処方箋はなく、万が一副作用などで健康被害が発生した場合はその全ての責任は購入者(輸入者)本人のものとなります。粗悪品などを利用してしまった場合も同じです。ですので、個人輸入通販を利用する場合はきちんと下調べを行った上で信頼できる業者を選び利用しましょう。

  • クーリングオフは適応されない

    海外へ発注した瞬間から、輸入する商品に対しての責任が生まれます。通常の通販とは異なり、輸入サイトを運営しているのはあくまで代行業者となりますので、輸入を実際に行っているのはあくまで利用した個人ということになり、一般の通販とは異なりクーリングオフの適応範囲外になります。やっぱりいらないから止める、ということができませんので気を付けましょう。

  • 登録した情報を間違えた場合、商品を受け取れないことがある。

    せっかく希望の商品を輸入しても、届け先の住所などを誤ってしまった場合手元に届く前に海外へ荷物が戻されてしまう場合があります。そうなった場合は再発送してもらえないことがほとんどです。せっかくの輸入が全て水の泡になってしまいますので料金などを支払う前にちゃんと情報を確認することが大切です。また、不在から郵送業者に保管された後、保管期間切れで海外へ戻ってしまった場合も同じようにもう一度送ってもらうことはできないと考えてよいでしょう。ちゃんと受け取れるように情報を管理することも輸入サイトを利用する上でとても大切な要素です。

病院でのED治療

ED治療専門クリニックも多種多様あり、クリニック(医院)によって治療法も様々ですがその中でもバイアグラが処方されるまでの一般的な流れを紹介します。

  • 医院に行き、受付を済ませ問診票に記入をする。
  • 医師から問診を受ける。

    この際に血圧、ホルモン値を測定する場合があります。バイアグラを含むED治療に関する薬には血管を広げる効能があるため血圧に大きな作用を与えます。その為危険性を事前に察知するために測定が行われます。またEDにとって男性ホルモンは大きな要素になります。効果的な治療を施すために男性ホルモンの量を測る検査が行われることがあります。

  • バイアグラテスト

    初診の場合、治療の一環として、まずED治療薬が処方されることが多くあります。初診から再診までの間、EDに対して薬が効果的に働くかどうかを見極める期間となります。EDの改善が出来ている場合は再診の際に再度ED治療薬の処方を。万が一改善が見られない場合は、薬以外の治療法を模索するための検査が行われま。

バイアグラの飲み方

バイアグラを使う上でもっとも簡単に効果を出しやすくする手段で分かりやすいもので、食前(空腹時)に服用する、ことが挙げられます。

体内への吸収がよくなる為で、満腹時に使うよりも効果の上昇が見られます。もし行為前に空腹が辛い場合や、相手と一緒に食事をする場合は使用後に食事をとりましょう。成分が体内へ吸収された後の食事は効果への影響はなく、十分な効能が発生します。

使用の目安としては、行為の一時間前とされ、持続時間は摂取後代替六時間~八時間ほどです。バイアグラは、数あるED治療薬の中でも勃起力が強い薬ですが、その反面継続時間は比較的短めです。他にもED治療薬として有名なシアリス、レビトラなどは勃起力はバイアグラほどではないとされていますが、効能が長く続き、また継続時間がゆるやかな分、副作用が比較的出にくいなどそれぞれに特徴があります。バイアグラは勃起力が高く、その為血圧が拡がる作用も高い為、使用後にお酒を摂取するとアルコールが回りやすくなってしまうなどの報告もあります。

また、体調などで効果に差が生じる場合がありますが、効果が出にくい時でも重ねて服用することは重い副作用の発現に繋がることがあります。

バイアグラの国内流通品の有効成分[シルデナフィル]含有量は25mg、50mgであり、体が比較的小さい日本人の場合一回/25mgでも十分な効果があると言われています。しかしながら、個人輸入通販でバイアグラを入手する場合、手に入るのは国外流通品ですので含有成分が一回/25mg、一回/50mgに加え一回/100mgのものがあり、一回/25mgの4倍の成分が含まれていることになります。人によってはいきなり一回/100mgを服用した場合、成分が強すぎて体調の悪化につながることもありえますので一回/25mg程度から試用して、効果が出ない場合は徐々に成分量を増やしていきましょう。100mgを半分に割って50mgとして、50mgを半分に割って25mgとして使う、といった使用法も可能です。

一度使った後は1日以上の間隔を空けることを心がけましょう。

バイアグラの副作用

バイアグラを使用しての副作用として、血管に関するものが多くございます。バイアグラ自体血流に作用して効果を出すタイプのものですので、それが陰部のみに留まらず血管が拡張したことで結果「顔がほてる」「目が充血する」ということに繋がります。また動悸や鼻つまり、筋肉痛といったものが現れることもあります。軽度のものに関してはバイアグラの効果が消える際に同時に治まります。

バイアグラはED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)の中でも特に副作用が発生しやすい医薬品です。軽度のものであれば特段心配する必要はなく、少しのほてりなどは効果のが出ている証になるのも確かです。

  • 頭痛

    副作用の中で気を付けたいものの一つとして頭痛が挙げられます。こちらも血流がよくなった結果起こり得るもので、血管が拡張し神経を刺激することで頭痛に繋がります。服用者の1割ほどがなると言われており、重い頭痛が出た場合などは鎮痛剤などの服用が推奨されます。性行為自体が興奮により血流がよくなるものである為、そもそも頭痛が起きる可能性のあるものですので、軽度のものであれば特に心配する必要はありません。

  • 聴力、視力に関するもの

    一部で難聴を引き起こすともいわれておりますが、直接的な因果関係は解明されておりません。バイアグラを愛用していた男性の聴力が失われたとニュースになったこともありますが、服用者は世界中に多数いるため、たまたまであるという説もあります。

  • 勃起が治まらなくなる

    体調体質にもよりますが、平均6時間ほどと言われる効果が治まらなくなる例も報告されています。異常に長く効果時間が継続すると陰部の血管が破れたりする可能性もあり、そうなると勃起状態が治らなくなる危険性もあります。様子を見てあまりにも効果時間が長く継続しすぎている場合、クリニックの受診も検討してください。

  • 重度の副作用について

    バイアグラについて、あまりにも重い副作用は現在報告されておりません。ただ、併用を禁止されている薬と一緒に使用してしまうと重い健康被害が発生してしまう場合もありますので気を付けましょう。また、正規品のバイアグラではない粗悪品(粗悪コピー品)を使用しての重度の副作用、重い健康被害は多数報告されています。健康を守るためにも先発医薬品のファイザー製バイアグラ、バイアグラジェネリックも含め、必ず正規のものを使用することを心がけましょう。

バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラと併用が禁じられている薬で最もメインのものが「硝酸剤」です。狭心症、心筋梗塞などの治療に使われるもので、バイアグラと同時に使用すると重篤な健康被害が発生する場合がありますので特に注意が必要です。

硝酸剤は併用禁忌薬に指定となっております。硝酸剤は狭心症の治療のためにに血管を広げる作用があり、バイアグラ同様血流が良くなります。同時に作用することで血管を広げすぎる結果となり、急激な血圧の低下を引き起こす可能性があります。結果として失神などにつながる危険性もありますので十分気を付けましょう。

また、現在常用している薬がある場合、事前によく調べるか医師に飲み合わせの相談をするとよいでしょう。

バイアグラジェネリックとは

ジェネリックとは先発医薬品(新薬)の開発特許が切れた後、他の製薬会社が販売する同じ有効成分を配合した同じ効き目が期待できるお薬で、後発医薬品とも呼ばれます。先発医薬品の開発には多大な時間と巨額の費用が必要となりますが、ジェネリックには開発コストがかからないのでその分値段を抑えても製薬会社が利益を出すことが出来、低い価格で流通しています。

バイアグラは先発医薬品で、その特許は2014年に満了しました。その後早速多くの製薬会社からジェネリックが登場し、既に世界中の方々に愛用されています。日本国内の製薬会社からも販売されており、既に馴染みのあるジェネリックとして流通しています。

バイアグラとジェネリックは有効成分は同じものを使用していますが、その他添加物などには差異があることもあります。ですので全く同じ効果が出る、と保証されている訳ではありませんのでそちらは注意しましょう。バイアグラは最古のED薬として長年の実績と信頼があります。ジェネリックはコストパフォーマンスが圧倒的ですが、ちゃんと情報を知っていないと偽薬や粗悪コピー品などと間違えてしまう可能性もありますのでそちらも注意が必要です。

世界のマーケットではジェネリック大国であるインド産のバイアグラのジェネリックが有名で、インドからは数多くのバイアグラジェネリックが発売されています。こちらも個人輸入を使うことで簡単に購入することができます。

バイアグラジェネリックの詳細はこちら

バイアグラのまとめ

EDは昔から多くの男性の悩みの種です。そんな中でのバイアグラの発売開始はまさに革命的でした。

昔は泣き寝入りするしかなかった不全という大きな悩みを簡単に解消できるようになったのです。またバイアグラの特許が切れたことでジェネリックという新しい選択肢も大いに増えました。EDに悩み、コンプレックスを感じる人にとって大きな追い風となっています。

しかし、EDは病気というカテゴリーにはならないために保険が効きません。自由診療扱いの為、費用は決して安いものではありません。しかしやはり医師に診断してもらって処方してもらうことが何より安全で安心できることは確かです。特に持病があったりすると尚更ではないでしょうか。その一方でコストが気がかりな場合は個人輸入を利用することでコストを抑えることでお得な購入ができることも確かです。過去一度医師にかかって問題がなかったり、現在服用中の薬などがなくまるで健康な場合、個人輸入を利用してEDを改善することも有益な手段のひとつです。それぞれに特徴、メリットデメリットがありますので、どれが自分に適しているかをしっかり考え、選ぶことが大切です。